月別アーカイブ
フリースペース
おすすめサイト
TOP

就活に役立つ情報で謎解き!

新卒採用をするメリットは?

就労の経験が無い学生を雇う新卒採用は、即戦力が期待できる中途採用とは違う、様々なメリットがあります。企業が継続して活動を続けていくためには、若い人材を採用し、育成をして良い仕事をし続けてもらう必要がありますので、そのためには新卒採用は必要不可欠となります。将来会社の重役となり、会社の中心的な存在になり得る人材は限られてきますが、新卒採用ならば中途採用と比較して人材育成をする時間を長く確保できるため、そのような人材が育ちやすくなりますので、これがメリットとなります。また若い人材が入社すると、先輩社員は仕事を教える立場になります。物を教えるためには仕事内容を言語化しなければならず、このプロセスが先輩社員の成長にもつながることから、新卒採用は社内をリフレッシュさせる効果もあります。また中途採用とは違い、他の会社の社風を少しも覚えていない真っ白な存在として入社してくるため、企業の文化を伝えるのにも適しています。


就活生必見!就職説明会情報(東京) - 株式会社コネクト

大学3年次からが勝負…新卒採用を勝ち取れ!

企業の採用情報の中に、新卒採用と書かれているケースがあります。新卒というのは、大学や高校、専門学校を今年度中に卒業する学生を対象にします。四季卒業とか、新規卒業者という言葉の略語として登場しました。日本の企業は、3月に卒業した学生を4月から採用するというのを前提にしている所が多いです。4月採用の場合、半年前の10月に内定を出すケースが多いです。しかしなかなか就職先の見つからない学生の中には、10月以降に内定をもらうこともあります。新卒で就職をすることが日本では大変重視されています。もし就職活動をしていたけれども就職先が見つからずに卒業してしまうと、既卒扱いになります。既卒は新卒と比較すると、若い人材を重視する企業が多いので不利になります。そこであえて留年して就職先を探す学生もいるほどです。ただし近年は就職氷河期もあったことも関係して、学校を卒業してから2〜3年程度は新卒と同等の扱いにしている会社も増えてきています。

判断材料の一つにはなる

就職活動に於いて大変な事と言えば就職先を見つける事はもちろんですが、自分自身がどのような状況に置かれているのかという現状認識も一つにはあります。自分のペースが速いのか遅いのか。自分が取り組んでいる事は間違っていないのか、無駄になっていないのか。これらの判断はなかなか難しいものですが、自分自身の現状把握や就職活動のノウハウを知れるという点からも就活サイトは活用すべきです。様々な情報が掲載されているのは言うまでもないのですが、時には自分自身を叱咤激励してくれるような情報もあります。就職活動経験者の声を聞いて、自分のペースが明らかに遅い場合にはモタモタしている訳にはいきません。ですが自分のペースの方が早いのであればそのペースを継続する事でよい結果をもたらしてくれる事にもなるのです。このように、就職活動という未知の世界に於いて自分自身の「指標」を知る事が出来るようになりますので、活用してみるのも悪くはありません。